ガルベラ・パートナーズグループは、東京・大阪・上海・北京・香港に拠点を置き、中国ビジネスをワンストップでご支援するサービスを提供しております。

会社設立、税務、労務、ビザ取得、ビジネスマッチングまで

ガルベラの中国ビジネスサポート

【東京】東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル7
【大阪】大阪府大阪市西区立売堀1-2-12 本町平成ビル3
【福岡】福岡県福岡市中央区天神1-15-5 天神明治通りビル8階
【上海】上海市長寧区仙霞路88号 太陽広場東棟4

【営業時間】平日 9:00~18:00

会計・税務サポート

中国現地法人の会計・税務

日本の現地法人は、中国においても現地で経理担当スタッフを雇い、記帳や税務申告などを行っています。
しかし、小規模な企業や設立したての企業の場合は、会計や税務申告をアウトソーシングしているケースも多く見受けられます。

会計や税務申告をアウトソーシングしている場合で問題となるのは下記の事項です。

  • 現地の会計事務所のため、言葉が通じない
  • 財務諸表が合算されて「管理費用」となっていて内訳が分からない
  • 日本本社が現地の会計事務所とコミュニケーションが図れない
  • 帳票を合算して記帳しているため、内容がよく分からない

問題が起こらない体制を整えています!

弊社では、このような問題点のある企業様からのご要望を受けて、会計・税務について、日本語でご案内できる体制を築いております。

料金は、帳票作成、記帳代行、税務申告の別に、「500RMB、1,000RMB、1,500RMB」よりご用意しております。

まずは下記フォームよりお問合せください。

中国現地法人の税務申告

中国では一般的に、法人に対して企業所得税の他、営業税または増値税が課せられます。
また、従業員給料について個人所得税を源泉徴収する義務があります。

これらの税務申告のうち、営業税、増値税、個人所得税は、原則として翌月15日(法定休日にあたる場合は休日が明けた日)までに算定し、納税しなければなりません。

売上規模や業種によっては、この課税期間が短くなる場合もあります。
そして、
企業所得税は四半期ごとに仮納税をし、翌年5月末までに最後の四半期分で仮納税額と実際税額との差額を精算します。


上記のように、中国では企業は月末で会計を締めて、迅速に税務申告を行う必要があるため、記帳については納税のための会計というものが一般的となっております。
日本の会計のように後から見直し、分析するための入力方法ではないと言えます。
この点をまずしっかり認識していただくと、改善点が見出せるのではないかと思われます。

中国現地法人の税務に関するお問合せはこちら

中国特有の専管員制度

中国では、各企業ごとに税務局に専属の調査官(専管員)を置き、1対1の関係で企業と税務局の連携を取っています。
これは、日本の納税組織とは全く異なる制度ですので、理解をされていない方も多いかと思います。

例えば、日本の親会社にコンサルティング報酬を支払うときや、中国の税制改正があったときなどは、細かく指導が入ります。
そのため、
企業では会計担当の中国人を1名置き、その者が専管員と連絡を取る形になっています。

 

 

 

中国現地法人の税務に関するお問合せはこちら

中国と日本の記帳の違い

中国での記帳は納税を迅速に行うことを目的としているため、記帳は非常に簡易的で、「現金主義による記帳」とも言い換えられます。

中国はインボイス制

中国は「インボイス制」をとっています。
領収書が発行された時点で、それが企業にとっての「売上」です。

逆に言えば、領収書が発行されない限り、売上として認識する必要がない、という社会的通念があります。

ですから、飲食店など個人を対象にしている場合は、領収書を発行していなければ、売上にカウントしていないローカル会社が多く存在します。
よって、日本の会計のように「発生主義」で売掛・買掛計上をしたり、未収・未払計上をしたりは一般的に行っていないということになります。


現金主義による記帳もさることながら、例えば同じ支払先の伝票はまとめて記帳します。
そのため、日付は月度だけで何日に払ったかは分からず、摘要に支払理由などの細かい記載がないのが一般的です。

しかし、これでは総経理などの現地のマネジメント層や日本の本社が帳簿を見た際に全く分からないため、「日本の記帳方法(発生主義による期間損益をずらさない方法)に改めてもらえないか」という話も多々あります。
皆さん、困っていることは同じようなことなのです。

中国現地法人の会計に関するお問合せはこちら

日本本社と現地の記帳担当者との考え方のギャップ

日本本社の経理財務の責任者は、現地法人の元帳や財務諸表を通じて、現地の活動状況を把握しようと努めます。
しかし、現地での記帳方法が日本の記帳方法と全く異なるため、「現地の記帳担当者にどれだけ説明しても分かってくれない」という苛立ちを感じられる方が多いようです。

会計・税務の対策

日本と中国の記帳方法の違いをご理解いただくとともに、日本と同じような帳票を作成するためには、記帳の手間が倍増します。
また、記帳に係るコストも倍増する可能性があるということを認識いただく必要があります。

このコストを抑えるためには、Excelなどで収入・支払いの内容や日本の勘定科目を使用して、別途明細を作成していただかなければなりません。
この作業を省略して、日本と同じような帳票は完成することができません。

記帳代行会社に記帳業務をアウトソーシングされる際には、この点に注意して、どこまでをやってもらえるのかを、逐一確認をしていただかなければなりません。

中国現地法人の会計に関するお問合せはこちら

中国における組織再編の種類

中国の会社法では合併、分割、解散、持分譲渡が規定されており、その他の現行法規により、買収、事業譲渡、現物出資、株式交換、特別目的会社について規定されており、ほぼ日本と変わりなく組織再編を行うことが可能です。

ただし、国内企業と外資企業との間での組織再編には、様々な制約も多く、なかなか実現していないのも実情です。

組織再編に関するお問合せ

中国ビジネス進出 お問合せ

お電話またはお問合せフォームよりご相談を伺っております。
まずは、お気軽に無料相談をお申し込みください。

お気軽にお問合せください

無料相談のお申し込みはこちら

【東京】03-5405-2815

【大阪】06-6535-8828

【福岡】092-781-2131

<受付時間>平日 9:00~18:00

ご注意
  • 無料相談は、ご来社いただく形でお願いします。
  • まずはご希望の面談日時をご予約ください。
  • 就労ビザに関するお問合せは有料になっております。
  • 料金が発生する場合は、事前にご案内を差し上げます。

中国ビジネスお問合せ

初回のご相談は無料です。

東京:03-5405-2815
大阪:06-6535-8828

福岡:092-781-2131

<受付時間>
平日 9:00~18:00

ガルベラ運営サイト

ガルベラのセミナー

税務・労務・法務・海外進出の幅広いセミナーを定期的に開催しております。

詳細はこちら

香港進出サポート

香港進出・ビジネスサポートならガルベラ・パートナーズ香港へ!

詳細はこちら

ベトナム進出

企業視察、市場調査、現地法人設立、取得代行、銀行口座開設などを法律のプロと現地コンサルタントがワンストップでサポート

詳細はこちら

飲食店のアメリカ進出

アメリカ進出セミナー随時開催!アメリカの飲食業界に精通したコンサルタントがご支援いたします。

詳細はこちら