中国の現地法人設立や会計、税務、労務、ビザ、許認可取得、香港中間法人、中国国内の組織再編、中国評価制度構築など

会社設立、税務、労務、ビザ取得、ビジネスマッチングまで

ガルベラの中国ビジネスサポート

リーズナブルな価格で中国ビジネスコンサルティングを行っています!

営業時間 9:00~18:00(土日祝を除く)

東京:03-5405-2815
大阪:06-6535-8828
福岡:092-781-2131

中国側に商標を先取りされてしまった事例

中国側に商標を先取りされてしまった事例

今治タオル

中国企業が、日本有数のタオル生産地として知られる愛媛県今治市を連想させる「今治」の2文字を商標登録出願したことに対し、中国の当局が「今治は公衆が認知する外国地名」として登録の一部を認めない裁定を下しました。

したがって、この現地企業は、「今治」の名称のついたタオルなどを製造・販売することができなくなりました。

ただ、この現地企業は、「今治」の2文字をマフラー・被服・広告・販売代理などの分類でも商標登録を出願しておりましたので、こちらは再審査請求に対する裁定はまだ下されておりません。
また、ロゴマークも横に90度回転させただけのデザインで出願されておりました。

「地域名+商品」のネーミングを商標登録できましたら、そのエリアの名産としてアピールできるため効果的です。

スカイツリー

「東京天空樹=東京スカイツリー」という名前が中国商人の手によって、中国では先に商標登録をされてしまっていました。

したがって、東京スカイツリーを「東京晴空塔」という中国名で登録するほかありませんでした。

クレヨンしんちゃん

2004年4月、双葉社は、ライセンス契約を結んだ上海の業者を通じて、子供服やカバンなどのしんちゃんグッズを上海で販売しておりました。

ところが、1997年、トラブルが発生しました。
広東省の中国企業がコミック本の日本語版の絵柄と、台湾版の中国語タイトル「蝋筆小新」を無断で商標登録しており、この商標権を譲り受けた上海企業が、靴やカバンなどのしんちゃんグッズを販売しておりました。

上記のことにより、本物の双葉社が商標権侵害として扱われ、2014年の6月~7月にかけて大手デパートなどで売場を閉鎖され、在庫も押収されました。

双葉社は、2005年1月、当局にコピー商品の商標登録の取消を請求しました。

この商標トラブルの経験から日本で人気のキャラクターやブランドの商標登録は、海外で人気が出る前にしておくのが無難です。

鹿児島県の芋焼酎

鹿児島県の芋焼酎「森伊蔵」「伊佐美」「村尾」の3銘柄が、中国での商標登録を無断で申請されていました。

3銘柄をつくる酒造会社は、異議申し立てをしましたが、中国での販売実績が無いため、商標局が「悪意を持った登録だとする根拠がない」と裁定され、異議は認められませんでした。

村尾酒造は、再審査の請求はせずに「日本に偽物が入ってきた場合は国内の商標権で対応する」としております。

和食が世界的に注目されているため、酒や焼酎のブランド名は、海外でも保護する必要がありそうです。

高島屋

高島屋は、自社の屋号が中国の3業者に商標登録されていたとして、中国当局に異議を申し立てていたことを明らかにしました。

同社は、上海市で、売り場面積4万平方メートル規模の中国1号店を開く予定でした。

高島屋の屋号で出店する方針は変えず、出店時期も変更しない方針です。

高島屋幹部らによりますと、3業者のうち1件は解決したということです。

店舗名が使えないということは、その国で店舗展開ができなくなるため、事業戦略にとって致命的です。

讃岐うどん

香川県名産の「讃岐うどん」を示す「讃岐烏冬」の商標登録が中国の個人によって申請されたことに対し、県は、讃岐うどんの業界団体などと共同で中国政府に求めた異議申し立てが認められたと発表しました。

中国商標局は、「讃岐うどん」が香川県の特産品として、中国でも公衆に熟知されているため、誤認を生じさせる恐れがあることを理由に、登録を認めないと裁定しました。

こちらの発端は、1999年に台湾企業が「讃岐」「さぬき」「サヌキ」「SANUKI」などの各種表記で商標登録を終えた状態であり、日本伝統商品を台湾人が先に商標登録をし、日本人が現地で使用できなくなり、発覚しました。

海外進出する場合、その国で同じネーミングが商標登録されていないかどうか事前にチェックしたほうが安心です。
商標登録を先取りされますと、その国に輸出できなくなります。

有田焼

佐賀県が上海万博関連イベントとして、上海市の百貨店で開く「佐賀県産品展」で商標問題が浮上しました。

この問題は、中国で「有田焼」が商標登録されていたため、「日本有田産」「ARITA JAPAN」と表記する苦肉の策でしのぎ、今後の中国市場開拓の支障になることは間違いなく、根本的な解決策が必要になっています。

海外進出に先駆けた展示会などでブローカーに目をつけられ、企業と関係ない人物が商標登録をし、先取りされるケースもあるようです。

青森(他、都道府県)

一度は、商標を先取りされましたが、他国で認知されている地名を商標登録できないルールがあることを理由に申請したところ、認められました。

しかし、県名ではなく、市名や地域名などの場合は異議が認められない可能性がありますので注意が必要です。

無印良品

香港企業が中国で先行登録していた「無印良品」「MUJI」に対して、商標局が良品計画側の主張を認める終審判決を下しました。

その結果、中国で主要商品群の一つである衣服・履物類について「無印良品」「MUJI」商標の使用が可能となった旨を発表しました。

毎月各種セミナー開催

ガルベラセミナー

中国ビジネスのセミナーはこちら

中国進出の前に要チェック

中国のビジネスネタ特集はこちら

中国ビジネスサポートへのお問い合わせはこちら

中国ビジネスサポートにお越しいただき、ありがとうございます。
無料相談・お問合せは、お電話またはメールにてお待ちしております。

お電話による無料相談はこちら

東京 03-5405-2815
大阪 06-6535-8828
福岡 092-781-2131

営業時間 平日 9:00~18:00

ご注意
  • 無料相談は、ご来社いただく形でお願いします。
  • まずはご希望の面談日時をご予約ください。
  • 個人の方からの就労ビザに関するご相談はお受けしておりません。
  • 料金が発生する場合は、事前にご案内を差し上げます。

無料相談受付中

初回のご相談は無料です。

東京 03-5405-2815

大阪 06-6535-8828

福岡 092-781-2131

深圳 最先端視察ツアー

中国最も革新的かつ創造的なファーウェイ、テンセント、平安保険集団、DJI大疆、ハンズ・レーザーなどのマネジメント層との交流を通じて、貴社ビジネスチャンスの創出をお手伝い!

03-5405-2815

オススメセミナー

中国語圏の異文化認識
セミナー

中国語圏の訪日旅行者が年々増加している近年において、観光客の対応は重要となります。
日中異文化の認識を深め、顧客獲得を目指してみては如何でしょうか?

オススメセミナー

海外赴任規程&海外リスクマネジメント対策セミナー

海外赴任者の給与計算は国内での給与計算とは違います。
海外赴任者の為にも海外赴任規程を定め、準備をしましょう。

おすすめリンク

ガルベラセミナー

経営者が知って得する!
税務・労務・法務・海外進出の情報を毎月お伝えします。

詳細はこちら

香港進出サポート

香港法人の年間維持経費も安く抑えることができる!安心な報酬プランでご支援

詳細はこちら

ベトナム進出.com

企業視察、市場調査、現地法人設立、取得代行、銀行口座開設などをベトナムと日本でご支援

詳細はこちら

タイ進出サポート

タイでの法人設立、会計、税務、労務をサポート

詳細はこちら

アメリカ進出サポート

アメリカでの法人設立、会計、税務、労務をサポート

詳細はこちら

飲食店のアメリカ進出

アメリカ進出セミナー毎月開催!アメリカの飲食業界に精通したコンサルタントがご支援

詳細はこちら

国際労務.com

雇用条例を解説するとともに、弊社のひな形を使って貴社独自のルール作りをご支援

詳細はこちら