ガルベラ・パートナーズ・グループは、東京、大阪、上海、北京、香港に拠点を置き、貴社の中国ビジネスをワンストップでご支援するサービスを提供しております。

<東京事務所>
東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル7階
<大阪事務所>
大阪市西区立売堀1-2-12 本町平成ビル3階
<福岡事務所>
福岡市中央区天神2-14-2 福岡証券ビル8階

受付時間: 平日 9:00~18:00

就労ビザ取得代行

中国就業許可証(Zビザ)の取得

Zビザ(就労ビザ)とは、中国へ仕事や商業演出や又は学術交流を行う外国人、及びその随伴する配偶者と未成年の子女向けのビザをいいます。

Zビザを取得するには、日本の中国大使館(領事館)でいったん臨時Zビザを取得し、3か月以内に中国に入国し、入国日から30日以内に各関連部門へ就業証及び居留許可の申請を行わなければなりません。

2008年7月1日から、L、F、Xビザで入国した外国人(企業の法定代表人あるいは代表処の首席代表を除く)が、直接就業証を申請することができなくなりました。必ず一回出国し、Zビザを取得した後、中国にて就業証と居留許可を申請することになりました。

滞在ビザは、本人だけでなく家族も必要になります。当社では、どこまでを当社がお手伝いするかに応じて、あるいは人数に応じて、料金を細かく分類しています。ご不明の点はメールフォームより何なりとお問い合わせください。

Zビザに関するお問い合わせはこちらから

Zビザ 申請手続きの流れ

手続きフロー

外国人就業許可証申請

Zビザ通知書申請

中国大使館へ臨時Zビザ申請

健康診断

就業証申請

居留許可申請

具体的な流れ
  1. 卒業証明書、資格証明書、履歴証明書、写真、パスポートコピーを現地に送付
  2. 現地で必要書類を提出し、「ビザ通知書」を取得、その後、日本へ送付
  3. 「ビザ通知書」をもって中国大使館で臨時Zビザ取得、その後、本人が中国へ入国
  4. 現地の指定病院で健康診断を受け、その後、「就業証」「居留許可証」を取得

Zビザ申請 報酬価格(上海)

Zビザ(上海)の取得に係る当社報酬価格は、サービスの内容に応じて、以下の通りとなります。

申請項目

就労ビザ新規代行

更新手続代行
AコースBコースCコースXコースYコース

日本語対応

手続説明・スケジュール手配

申請書類作成.説明

就業許可書申請代行

×不要

不要

ビザ招待状申請代行

×不要

不要

中国大使館臨時ビザ申請(日本)貴社貴社貴社貴社

健康診断予約

×不要

不要

健康診断同行

×

×不要

不要

居住証明書発行代行

×

×

×

就業証申請(更新)代行

×

就労ビザ申請(更新)代行

×

駐在員ご本人 価格/人

3,280元

2,980元

2,280元2,480元

1,980元

駐在員ご家族 価格/人

1,480元

1,280元

1,280元1,280元

980元

※ 日本本社様からの円貨でのお支払いにも対応可能です。
※ 上記の報酬以外に、実費が2,000元程度かかります。
※ 上記のほかに、営業税等が6%かかります。
※ 上記金額は上海市内に赴任される場合の金額です。
※ 上海以外のエリアでも全国対応しますが、報酬金額は約10,000元となります。
※ 帯同家族のみの手続きの場合、1人目は駐在員ご本人価格となります。
※ ご本人が職歴のない若年者や60歳を超える方の場合は別途お見積りいたします。

Zビザに関するお問い合わせはこちらから

Zビザに関するよくあるご質問【FAQ】

Zビザの取得申請にあたり、なにか制限はありますか?

下記の三つの条件を満たす必要があります。

Zビザの取得申請ができる者は、主に下記の三つの条件を満たす必要があります。

  • 大学卒業
  • 最低2年間の関連職歴があること
  • 60歳を超えないこと

上記条件を満たせない場合、即座に可能性がないとは言い切れません。もしどうしても
採用したい場合、理由書を提出し、当局の判断によって就業ビザを取得できる可能性
があります。

健康診断は日本の病院のものでも対応できますか?

中国大使館の認可を受けた病院のものであれば、
その健康診断報告書を中国で使うことができます。

ただし、その健康診断報告書については中国の健康診断機構の認証を取らないといけないため、結局は中国で健康診断を受けるのと比べて、所要時間や手間などは変わらない程度になります。

そのため、当社では中国にいらしてから中国で健康診断を行われることをご提案申し上げます。

Zビザの有効期限は、最長でどのくらいの期間を申請できますか?

一般的には、Zビザ(居留許可証)の申請期間は一年しかありません。

つまり毎年更新手続きをしなければなりません。例外的に、たとえば登録資本金300万ドルを超えた企業の管理職の方や専門技術を持った方などに対して、2~5年間の居留許可を付与することができるとされています。

日本中国大使館発行の臨時Zビザの有効期間はどれくらいありますか?

臨時Zビザの有効期間は、発行日から90日間です。

臨時Zビザで中国に入国してから30日間のうちに臨時Zビザから居留許可証(Zビザ)に変更しなければなりません。

中国にLビザ(旅行ビザ)で入国し、
そのまま居留許可証(Zビザ)に変更できますか?

必ず一回国外に出国し、Zビザを取得した後で
中国で就業証と居留許可を申請しなければなりません。

2008年7月以降、L、F、Xビザで入国した外国人(法定代表人・代表処の首席代表を除く)は、中国国内で就業証を申請することができなくなりました。必ず一回国外に出国し、Zビザを取得した後で中国で就業証と居留許可を申請しなければなりません。

中国にいる駐在員の家族も、居留許可を申請できますか?

駐在員が帯同する配偶者と未成年の子女(16際以下)は
居留許可を申請することができます。

日本本社が負担する海外赴任者の給料に関するご案内はコチラ

Zビザのお見積り、手続きの流れに関するお問い合わせはコチラ

Zビザの取得代行は中国国内であれば全国で可能です。

上海はビザの取得が容易であることもあって手続価格は約30,000円ですが、その他の地域はそれぞれその地域ならではの特殊なノウハウを求められることが多いため、約120,000円程度が必要となります。

年齢的な問題など特殊案件も取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ビザに関するご相談は下記フォームからどうぞ

※Zビザに関するご相談は、有料となります(30分5,250円。お見積相談は無料です)

ご注意
  • お見積りのご相談はご来社の形でもお受けしています。その際はご希望の面談日時をご予約ください。
  • お問い合わせの内容によっては料金が発生する場合がございます。料金が発生する場合は、あらかじめご案内を差し上げますので、お気軽にご質問ください。

例:山田商事株式会社

例:山田太郎

例:xxxxx@xyz.jp
半角でお願いします。

例:日本で健康診断を受けたい

内容をご確認の上、よろしければ上記ボタンをクリックして下さい。
入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

私どもガルベラ・パートナーズ・グループは、東京、大阪、上海、北京、香港に拠点を置き、貴社の中国ビジネスをワンストップでご支援するサービスを提供しております。初回のご相談は無料ですので、こちらのページからぜひお気軽にお問い合わせください。
当サイトの運営は、公認会計士、税理士、社会保険労務士、弁護士、司法書士などの専門家集団ガルベラ・パートナーズ・グループの中国進出支援チーム並びに現地法人の専門家が行っております。

お問合せ・ご相談はこちら

当サイトでは、お電話・お問合せフォームよりご相談を伺っております。
まずはお気軽に無料相談をお申し込みください。

お気軽にお問合せください

 

無料相談のお申し込みはこちら

東京:03-5405-2815

大阪:06-6535-8828

福岡:092-781-2131

<受付時間>平日 9:00~18:00

ご注意
  • 無料相談は、ご来社いただく形でお願いします。
    まずはご希望の面談日時をご予約ください。
  • 初回は原則無料によるご相談とさせていただきますが、内容によっては料金が発生する場合がございます。料金が発生する場合は、事前にご案内を差し上げます。

無料相談実施中

初回のご相談は無料です。

東京:03-5405-2815
大阪:06-6535-8828

福岡:092-781-2131

<受付時間>
平日 9:00~18:00

ビジネスマッチング

  • 現地工場探し
  • 販売代理店探し
  • 中国人バイヤー探し
  • 合弁相手探し
  • M&A買収先探し

成功報酬制にて、
中国全国で対応します。

詳しくはこちら

企業調査レポート

  • 企業登記情報の調査
  • 企業財務情報の調査
  • 取引先・取引額の調査

貴社のニーズに対応します。

サンプル・料金はこちら

事務所概要

株式会社
ガルベラ・パートナーズ

〒150-0001
東京都港区虎ノ門3-18-16
虎ノ門菅井ビル7階

無料相談実施中

初回のご相談は無料です
※無料相談はご来社のみです

東京:03-5405-2815
大阪:06-6535-8828
福岡:092-781-2131